シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 雪崩予防柵上の巻きだれの形成過程に関する現地観測

作成年度 2017年度
論文名 雪崩予防柵上の巻きだれの形成過程に関する現地観測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2017・十日町)
誌名(No./号数)
発表年月日 2017/09/24 ~ 2017/09/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム高橋 渉(TAKAHASHI Wataru)
雪氷チーム松下 拓樹(MATSUSHITA Hiroki)
雪氷チーム西村 敦史(NISHIMURA Atsushi)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
道路法面などの斜面には,雪崩の発生区対策として,多くの雪崩予防柵が設置されており,その雪崩発生予防効果を発揮している.しかし,これらの柵上部に巻きだれが発達する場合があり,この巻きだれが崩落して道路に達することが懸念されている.ここでは,巻きだれの安定度評価に資する基礎的な知見を得るため,巻きだれの形成過程に関する現地観測を行った結果を報告する.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.