シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2016年北海道豪雨における九線橋被災メカニズムの調査と解析

作成年度 2017年度
論文名 2016年北海道豪雨における九線橋被災メカニズムの調査と解析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 河川技術に関するシンポジウム
誌名(No./号数) 河川技術論文集 第23巻
発表年月日 2017/06/15 ~ 2017/06/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム井上 卓也(INOUE Takuya)
水工リサーチサムナー 圭希(SUMNER Tamaki)
水工リサーチ加藤 一夫(KATO Kazuo)
北海道大学六浦 和明(MUTSUURA Kazuaki)
寒地河川チーム矢部 浩規(YABE Hiroki)
北海道大学清水 康行(SHIMIZU Yasuyuki)
抄録
Many bridges were broken due to a large channel change during the Hokkaido heavy rain in 2016. We investigated the damage situation of the four bridges (the Kyusen Bridge, the Chiroro Bridge, the Kobayashi Bridge and the Kiyomi Bridge) immediately after the flood. Then we analyzed the collapse mechanism of the Kyusen Bridge using a two-dimensional riverbed deformation model (iRIC – Nays2D). According to the observation result, the bed height near the Kyusen Bridge rose about 2 m. This implies that sediment supply was large during the flood. The results of numerical simulations indicated that the river bank was eroded largely due to both of a large flow discharge and a sufficient supply of sediment.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.