シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 高波作用時の海氷および波の遡上特性と対策の検討

作成年度 2016年度
論文名 高波作用時の海氷および波の遡上特性と対策の検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第60回(平成28年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2017/02/13 ~ 2017/02/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム本間 大輔((no entry))
(未記入)中嶋 雄一(NAKAJIMA Yuichi)
抄録
近年、地球温暖化などの影響により、流氷勢力の減少に起因する波高増大が懸念されている。しかしながら、沖合部に海氷が少なく沿岸部に海氷が卓越した状況で高波が作用した際の海氷および波の遡上特性やその対策についての研究はほとんどされていない。本研究では、実海域に多く見られる海氷の大きさや厚さを考慮し、海氷による海氷および波の遡上特性を明らかとし、これらの対策について検討するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.