シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アンカー引抜試験による表層部コンクリートの凍害劣化診断のための試験条件およびアンカー治具の開発に関する研究

作成年度 2017年度
論文名 アンカー引抜試験による表層部コンクリートの凍害劣化診断のための試験条件およびアンカー治具の開発に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第17回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム
誌名(No./号数) コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集
発表年月日 2017/10/12 ~ 2017/10/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鳥取大学緒方 英彦(OGATA Hidehiko)
鳥取大学大学院加藤 諭(KATO Satoru)
サンコーテクノ(株)清水 邦宏(SHIMIZU Kunihiro)
サンコーテクノ(株)金子 英敏(KANEKO Hidetoshi)
水利基盤チーム石神 暁郎(ISHIGAMI AKIO)
抄録
著者らが研究を進めている芯棒打込み式の金属拡張アンカーを用いたアンカー引抜試験によ るコンクリートの凍害劣化診断手法には,最大引抜荷重から超音波伝播速度を直接的に評価できない,表面から2cm 未満の診断ができないという課題がある.本研究では,この課題を解決するための検討を行い,φ8 アンカー引抜時の破壊がコーン状破壊になる測定深さ2cm では最大引抜荷重から超音波伝播速度を直接的に評価できること,表面から2cm 未満に適用できる新たな試験方法としてφ4 アンカー治具の設計を行い,その試験方法を明らかにした.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.