シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 日本海北部海域(武蔵堆周辺)の海域環境の把握

作成年度 2017年度
論文名 日本海北部海域(武蔵堆周辺)の海域環境の把握
論文名(和訳)
論文副題 四季の基礎生産と漁場整備の効果に関する一考察
発表会 第15回環境研究シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2017/11/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム須藤 賢哉(SUDO Kenya)
水産土木チーム大橋 正臣(OHASHI Masami)
水産土木チーム伊藤 敏朗(ITOU Toshiaki)
抄録
近年,我が国の漁業生産量は減少しており、資源回復が求められている.我々の研究対象海域である日本海北部海域も同様に漁獲量が減少している.本海域の主要魚種の一つにスケトウダラがあり,この成育場として武蔵堆周辺海域が知られている.本研究は成育場の環境を把握することを目的として,周年の調査を実施した.特に夏季を中心とする成層化の発達や四季の基礎生産構造の検討を行った.また,これらの結果を基に漁場整備(マウンド礁)による資源回復の可能性について検討を行ったものである.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.