シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 杭静的水平抵抗に及ぼす周辺体の剛性及び離隔の影響度

作成年度 2018年度
論文名 杭静的水平抵抗に及ぼす周辺体の剛性及び離隔の影響度
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第53回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数) 公社)地盤工学会
発表年月日 2018/07/24 ~ 2018/07/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
北海道大学大学院磯部 公一(ISOBE Kouichi)
抄録
超軟弱地盤中の既設杭の耐震補強として, 脆弱地盤を地盤改良で改善し基礎耐震性及び橋梁全体の地震時安定を確保する工法を研究している(コンポジットパイル工法(以下, 同工法)(特許取得), 新技術情報提供活用システムNETIS登録)。大規模地震や異常気象等の被災経験より耐震性が過小な既設杭の耐震性向上は必須であるが, 同工法は従来の増杭など基礎剛性のみを上げる手法の設計が成立せず, 施工制約箇所で活用できる。適正施工管理した改良体は自然地盤と同等の反力継続は実験・解析で確認済みで, 同工法より要求性能に応じた既設杭の耐震性確保は可能である。 同工法は既設杭基礎に所要強度の改良体を隣接施工させ, 地震時を含めて反力を最大限発揮される事を原則とする(ただしフーチング直下杭間は中空)。本報ではその研究の一環として, 同工法における改良体を既設杭に隣接させる施工範囲の妥当性及び杭に対する周辺体(地盤または改良体)の剛性効果を見極めるため, 既設杭基礎から一定値改良体を離隔設置させた静的水平載荷試験を実施し, 他ケースと相対剛性等を考察した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.