シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 コンクリート構造物の長寿命化に向けた補修技術の研究

作成年度 2018年度
論文名 コンクリート構造物の長寿命化に向けた補修技術の研究
論文名(和訳)
論文副題 その2 ひび割れ注入工法の注入充塡性に及ぼす施工温度の影響
発表会
誌名(No./号数) セメントコンクリート No.854,2018,4月号
発表年月日 2018/04/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム内藤 勲(NAITO Isao)
先端材料資源研究センター片平 博(KATAHIRA Hiroshi)
先端材料資源研究センター佐々木 厳(SASAKI Iwao)
先端材料資源研究センター櫻庭 浩樹(SAKURABA Hiroki)
耐寒材料チーム安中 新太郎(YASUNAKA Shintaro)
抄録
土木研究所では代表的な補修工法である表面被覆工法、ひび割れ修復工法および断面修復工法の3工法に着目し、補修後の不具合事例を教訓として、補修材料、工法の選定や施工時の留意点等をとりまとめた。本稿では、その研究成果を3つの補修工法ごとに紹介する。今回は第2回目として、ひび割れ修復工法について紹介する。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.