シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 吹雪時の国道通行止めと気象要因に関する一考察

作成年度 2018年度
論文名 吹雪時の国道通行止めと気象要因に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2018・札幌)
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/09/10 ~ 2018/09/12
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム金子 学(KANEKO Manabu)
雪氷チーム大宮 哲(OMIYA Satoshi)
雪氷チーム武知 洋太(TAKECHI Hirotaka)
雪氷チーム高橋 丞二(TAKAHASHI Jouji)
寒地道路研究グループ長松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
近年、急速に発達した低気圧伴う極端な暴風雪や大雪により,被害が激甚化する事例が散見される.被害の軽減には,一回の事象を適切に表す指標が必要となるが,既存の指標は一冬を通したもののみである.極端な暴風雪を表す指標の提案に向けて,降雪強度と風速データから吹雪量を推定し,北海道内の国道の通行止め履歴との関係を調査したので報告する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.