シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 江良漁港蓄養施設内におけるアサリ垂下養殖試験

作成年度 2018年度
論文名 江良漁港蓄養施設内におけるアサリ垂下養殖試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第43回海洋開発シンポジウム
誌名(No./号数) 土木学会論文集B3(海洋開発)
発表年月日 2018/07/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム丸山 修治(MARUYAMA Shuji)
水産土木チーム梶原 瑠美子(KAJIHARA Rumiko)
東海大学大橋 正臣(OHASHI Masami)
水産土木チーム伊藤 敏朗(ITOU Toshiaki)
北海道立総合研究機構 金森 誠(KANAMORI Makoto)
北海道立総合研究機構清水 洋平(SHIMIZU Youhei)
北海道大学門谷 茂(MONTANI Shigeru)
抄録
北海道南西部に位置する江良漁港(松前町)の港内蓄養施設において,人工種苗を用いたアサリ垂下養殖試験を行い,殻長の成長結果と餌料の供給量から,垂下養殖事業の可能性を検討した.その結果,生残率が良好であったこと,当該施設内への餌料は,成長効率を0.188 とした場合,アサリの成長に十分な量が供給されていると考えられたこと,北海道南部および東部の干潟と同程度の成長が得られたことから,垂下養殖事業の実用化の可能性が示唆された.一方,道内の函館漁港内における垂下養殖試験に比べて成長が遅い結果となり,その要因を整理・解明するといった課題も得られた.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.