シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 小規模な掘削埋め戻し土工の衝撃加速度を用いた品質管理方法の検討~試験結果の報告について~

作成年度 2018年度
論文名 小規模な掘削埋め戻し土工の衝撃加速度を用いた品質管理方法の検討~試験結果の報告について~
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第53回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/07/24 ~ 2018/07/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム久慈 直之(KUJI Naoyuki)
寒地地盤チーム山梨 高裕(YAMANASHI Takahiro)
寒地地盤チーム佐藤 厚子(SATO Atsuko)
抄録
市民生活において重要なガス、電力、水道等のインフラは一般的にガス管、電線管、上下水道管として道路下に埋設されている場合が多く、これら設備は老朽化や基準変更にともなって取り替えを行う必要が生じ、その場合には供用中の道路において工事を行う場合が大半である。こういった工事は、比較的小規模な狭い現場で掘削及び埋め戻し作業を行う。また、供用中の道路での工事は、交通量の少なくなる夜間の限られた時間に施工する場合も多いため、多くの現場が掘削から埋め戻しまでの時間が比較的短く、工事作業の迅速な対応が求められている。なかでも、埋め戻しの品質管理については、一般的な道路土工と同様に密度による管理を行うこととなっており、多くは砂置換法による密度測定による締固め度で管理されている。しかしながら砂置換法による品質管理では、結果が判明するまでには時間を要する。また施工範囲が小規模であるため、砂置換作業に十分なスペースを確保しづらく、室内試験用に使用する土砂の確保に苦慮することもあり、適切な品質管理が出来ないことも考えられる。適切な品質管理が出来ないと、施工不良があった場合に見逃してしまい道路の変状が起こる可能性があり、大きな事故等の発生も考えられる。こういった問題点を解消するために、本研究では比較的短時間および省スペースで測定出来る衝撃加速度を用いた品質管理方法の適用性について検討した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.