シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 元稲府漁港二重堤間の藻場に関する考察

作成年度 2017年度
論文名 元稲府漁港二重堤間の藻場に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/02/20 ~ 2018/02/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム丸山 修治(MARUYAMA Shuji)
(未記入)伊藤 敏朗(ITOU Toshiaki)
網走開発建設部 紋別港湾事務所 工務課田村 友行((no entry))
抄録
元稲府漁港の二重堤間は、毎年リシリコンブ藻場が形成され、コンブ漁やエゾバフンウニの増殖場として活用されている。本報文では、二重堤完成後の平成21年度から平成23年度までの藻場調査結果と、平成29年度に実施した藻場調査結果を基に、海藻種、リシリコンブ被度・湿重量、エゾバフンウニ個体数、コンブ漁(漁獲量)について考察する。さらに、現状の藻場環境に関する評価結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.