シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 沿岸構造物の環境調和に関するこれまでの研究成果と今後の課題について

作成年度 2017年度
論文名 沿岸構造物の環境調和に関するこれまでの研究成果と今後の課題について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/02/20 ~ 2018/02/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム牧田 佳巳(MAKITA Yoshimi)
(未記入)丸山 修治(MARUYAMA Shuji)
(未記入)-((no entry))
抄録
沿岸構造物によって形成される静穏域や構造物自体は、水生生物の保護育成機能を有している。この機能を強化し、積極的に港湾・漁港などの整備に反映させることを目的として、本年5月に「寒冷地における沿岸構造物の環境調和ガイドブック」が刊行された。本報告は、このガイドブックに基づき、「自然環境調和型沿岸構造物」に関するこれまでの研究成果および課題について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.