シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 積雪寒冷地における大区画圃場の整備技術に関する研究-大区画整備圃場における施工方法と土壌性状の変化-

作成年度 2017年度
論文名 積雪寒冷地における大区画圃場の整備技術に関する研究-大区画整備圃場における施工方法と土壌性状の変化-
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/02/20 ~ 2018/02/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム桑原 淳(KUWABARA Jun)
(未記入)大友 秀文(OTOMO Hidefumi)
(未記入)横川 仁伸(YOKOKAWA Hironobu)
抄録
農地基盤に泥炭土や重粘性土が分布する大区画整備圃場において、施工段階ごとの土壌性状の変化について調査を行っている。今年度の調査では、切盛土の施工時に湿地ブルドーザによる押し土作業を行った圃場とキャリアダンプによる運土作業を行った圃場とで、施工方法の違いが土壌性状に影響を及ぼすかを検証した。その結果について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.