シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平成28年8月豪雨における石狩川上流部の砂防施設の減災効果について

作成年度 2018年度
論文名 平成28年8月豪雨における石狩川上流部の砂防施設の減災効果について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第9回土砂災害に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/09/18 ~ 2018/09/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム村上泰啓(Yasuhiro Murakami)
旭川開発建設部 治水課吉川 契太郎(Keitaro Yoshikawa)
旭川開発建設部 治水課北清竜也(Tatsuya Kitasei)
日本工営株式会社早川智也(Tomoya Hayakawa)
抄録
平成28年8月中旬以降,北海道内は台風,前線の影響で例年に比べ極めて多い降雨量を観測した. 旭川河川事務所が管轄する石狩川上流では,日雨量160mmを超える豪雨がもたらされた結果,幹線国道の被災,堤防破堤による河川氾濫,土石流,農地への河川氾濫,床上浸水,橋梁被害,大量の流木流下などが発生した.一方でこれまで整備してきた砂防施設により土石流や流木の流下を阻止したほか,河道の安定に寄与した結果,橋梁への被災を抑制したとみられるケースも観察された.ここでは,平成28年8月に発生した洪水概要と,砂防施設の減災効果について報告する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.