シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2018年3月北海道アイスジャム洪水による被害の現象解明と今後の課題

作成年度 2018年度
論文名 2018年3月北海道アイスジャム洪水による被害の現象解明と今後の課題
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会 第63回水工学講演会
誌名(No./号数) 水工学論文集第63巻(土木学会論文集B1(水工学) Vol 74 No 5)
発表年月日 2018/11/25 ~ 2018/11/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム横山 洋(YOKOYAMA Hiroshi)
北見工業大学吉川 泰弘(YOSHIKAWA Yasuhiro)
寒地河川チーム伊波 友生(INAMI Yu)
特命上席研究員前田 俊一(MAEDA Shunichi)
寒地河川チーム矢部 浩規(YABE Hiroki)
抄録
2018年3月に季節外れの大雨と暖気により,北海道内の各地でアイスジャム洪水が発生した.気候変動により今後,融雪期も含めた気象条件の変動が予想される中,今回のアイスジャム洪水の発生状況を整理し,被害の現象解明や今後の課題について検討することは,現在及び将来の結氷河川の維持管理や防災に資するものである.本研究では道内11河川で確認されたアイスジャムについて,発生の日時と場所,河道の特性について調査結果を整理した.またアイスジャムスケールを用いて,アイスジャム発生危険箇所の抽出を試みた.これらの分析を踏まえて,アイスジャム発生による被害と今後の課題について整理した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.