シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 寒冷地の集中型バイオガスプラントで発生する余剰熱の利用

作成年度 2019年度
論文名 寒冷地の集中型バイオガスプラントで発生する余剰熱の利用
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 農業農村工学会誌「水土の知」
発表年月日 2019/04/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
寒地農業基盤研究グループ横濱 充宏(YOKOHAMA Mitsuhiro)
抄録
北海道鹿追町では集中型バイオガスプラントの余剰熱をチョウザメ飼育施設の水温上昇に利用する試験を2014年から行っている。本報では,バイオガスプラントの運転シミュレーションによって20年分の余剰熱量を推定するとともに,チョウザメ飼育施設で実測した消費熱量との差を求めて,1年のうち,安定して水槽を加温できる期間が3月中旬から11月下旬であることを明らかにした。鹿追町では外部機関の助言を受けながら,生育のために最適な水温管理方法を調査しており,今後はその成果を反映させた余剰熱利用方法の検討が期待される。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.