シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 複雑な地盤堆積環境における火山灰質土の液状化挙動に関する数値解析

作成年度 2018年度
論文名 複雑な地盤堆積環境における火山灰質土の液状化挙動に関する数値解析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第59回地盤工学会北海道支部技術報告会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/01/25 ~ 2019/01/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学大学院門前 史孝(MOMMAE Fumitaka)
北海道大学大学院磯部 公一(ISOBE Koichi)
寒地地盤チーム江川 拓也(EGAWA Takuya)
抄録
本検討では、砂質土および火山灰質粗粒土で構成された液状化地盤中に設置した群杭基礎の動的遠心力模型実験に対し、三次元動的弾塑性有限要素解析による再現解析を行い、地盤の堆積環境の違いが及ぼす液状化地盤の地震時応答挙動とその後の排水沈下挙動への影響について評価した。また、過剰間隙水圧が消散し収束するまでの様子も観察することで、火山灰質地盤と砂質土地盤との差異や、二次液状化の可能性について評価した。解析の結果、過剰間隙水圧の上昇具合、すなわち液状化のしやすさは砂質土地盤と火山灰質地盤では大差はないという結果得られた。また、火山灰質地盤では、せん断応力~せん断ひずみ関係、および、地盤の鉛直沈下量が砂質土地盤よりもは小さくなる結果が得られた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.