シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 乳牛ふん尿由来のスラリー連用による草地土壌化学性と牧草品質への影響

作成年度 2019年度
論文名 乳牛ふん尿由来のスラリー連用による草地土壌化学性と牧草品質への影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 農業農村工学会論文集
発表年月日 2019/04/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム桑原 淳(KUWABARA Jun)
寒地農業基盤研究グループ横濱 充宏(YOKOHAMA Mitsuhiro)
北海道開発局稚内開発建設部大岸 譲(OOGISHI Yuzuru)
北海道大学大学院農学研究院石黒 宗秀(ISHIGURO Munehide)
抄録
曝気スラリーおよび消化液が,最大8年間散布された採草地で草地土壌表層の化学性,牧草品質を調査した.草地土壌表層では,特にカリウムが過剰であったが,牧草のカリウムは適正な範囲で,ミネラルバランスは良好であった. ただし,牧草のマグネシウムは栄養診断基準の下限値に近かった.これは,草地土壌表層のカリウム過剰による牧草のマグネシウム吸収抑制が理由と考えられ,土壌分析に基づく減肥が求められる.曝気スラリーおよび消化液を散布している圃場では,表層土壌の亜鉛や銅は,経年的に増加すると推察されたが,非散布圃場と比較して有意な差は見られなかった.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.