シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 異なるUAVで撮影した岩盤斜面写真における変状把握手法について

作成年度 2019年度
論文名 異なるUAVで撮影した岩盤斜面写真における変状把握手法について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム日外 勝仁(AGUI Katsuhiko)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Shusaku)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
本研究は,日常的に実施されている道路斜面点検の高度化のために,情報取得が容易なデジタル写真を活用した,岩盤斜面の変状箇所を背景差分法により客観的に把握する手法の開発を目的として,これまでに岩盤斜面の地上からの点検写真を前提とした方法のマニュアルを公開してきた.近年のUAVの目覚ましい技術革新を受け,点検時期の異なる2枚のUAV空中斜面写真に対しても,変化箇所の把握が可能となるように手法改善を検討することにした.背景差分法により画像の変化箇所を抽出するためには,ある程度構図の揃った画像を比較する必要がある.そのため,同じ機材での撮影より撮影諸元が変わる異なる機材での撮影の方が,また,撮影の自由度の違いから垂直写真より水平写真の方が,構図一致の難易度は高くなる.これまでに,同じ機材による撮影では自由度が大きく難易度の高い水平写真に対して,また,異なる機材による撮影では自由度が小さく難易度の低い垂直写真に対して,背景差分法が適用できるUAV撮影方法やその後の画像処理方法等を検証してきた.そこで本稿では,最も厳しい条件となる異なるUAVで撮影した水平写真に対して,軸を揃えた疑似オルソ画像を作成することで背景差分法を適用可能に改善できたので紹介する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.