シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 凍・塩害の進行に及ぼす最低温度および水の塩分濃度の影響

作成年度 2019年度
論文名 凍・塩害の進行に及ぼす最低温度および水の塩分濃度の影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成31年度土木学会全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 平成31年度土木学会全国大会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDOH Hirotake)
耐寒材料チーム安中 新太郎(YASUNAKA Shintaro)
抄録
寒冷地では車両の走行安全性確保のため、路面に凍結防止剤が散布される。このような地域のコンクリート構造物は凍結防止剤と凍結融解の影響を受けやすく、凍・塩害が懸念される。寒冷環境の厳しさは地域によって異なり、限られた予算で各地のコンクリート構造物を合理的に維持管理するため、地域特性を適切に考慮した劣化予測が求められる。本研究では、凍・塩害の進行と地域特性の関係の整理の一環として温度と塩分に着目し、最低温度と水の塩分濃度が凍・塩害の進行に及ぼす影響を室内実験により調べた。スケーリングは所定の塩分濃度の持続性と最低気温の低さ、塩害は塩分濃度の高さが重要な環境評価項目である知見を得た。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.