シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 山岳トンネルにおける先進ボーリングによる地山評価の課題について

作成年度 2019年度
論文名 山岳トンネルにおける先進ボーリングによる地山評価の課題について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
深田地質研究所亀村 勝美(KAMEMURA Katsumi)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Syusaku)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
フジタ丹羽 廣海(NIWA Hiroumi)
抄録
山岳トンネルの標準工法であるNATMでは事前調査結果や施工中に得られる情報により適宜支保の妥当性を確認し、必要に応じ支保工の変更、掘削法の変更、補助工法の実施などを行う、いわゆる情報化施工が行われる。しかしながら事前に行われる調査では、質量ともに必ずしも十分な情報が得られず、施工中の切羽において当初の想定と大きく異なる地山条件に遭遇し、支保工や掘削工法の変更あるいは変状に伴う支保工の補強、縫い返しなどを余儀なくされ、結果として多くの追加費用と工期を必要とすることになる事例も少なくない。本稿では、先進ボーリングデータを分析し、現状の地山評価法について検討を加えた結果について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.