シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アスファルト舗装の表面研削形状に関する一検討

作成年度 2019年度
論文名 アスファルト舗装の表面研削形状に関する一検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム佐藤 圭洋(SATO Takahiro)
寒地道路保全チーム上野 千草(UENO Chigusha)
寒地道路保全チーム田中 俊輔(TANAKA Shunsuke)
寒地道路保全チーム丸山 記美雄(MARUYAMA Kimio)
抄録
ダイヤモンドカッタによりコンクリート舗装表面を薄層で研削し、すべり抵抗性等を改善する研削工法がある。積雪寒冷地のアスファルト舗装は、冬期に凍結して滑りやすい路面になることから、このような路面にダイヤモンドカッタによる表面研削工法を適用すれば、路面に凹凸形状を形成させることによって路面摩擦力や排水能力の向上が見込まれ、冬期路面対策としての効果が期待できる。そこで、この工法のアスファルト舗装への応用を試みた。本稿では、研削初期、ホイールトラッキング試験後、凍結路面時において、きめ深さやすべり抵抗値を測定し、研削形状による性能の向上や持続性の違いについて考察した結果について報告する。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.