シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 変状トンネルにおける初期応力測定の活用に関する考察

作成年度 2019年度
論文名 変状トンネルにおける初期応力測定の活用に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
フジタ新井 智之(ARAI Tomoyuki)
北海道大学大学院児玉 淳一(KODAMA Junichi)
北海道大学大学院菅原 隆之(SUGAWARA Takayuki)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Shusaku)
抄録
山岳トンネルの施工では,地質不良箇所等において予期せぬ様々な変状に遭遇する.一方,施工時に顕著な変状が発生していない場合であっても,供用後に時間遅れの変状が発生するトンネルも少なくない.従来から,比較的規模の大きな変状に対しては,FEM等の数値解析を用いて補助工法や支保工の設計を行い,覆工やインバートについては,各種計測や試験結果からトンネルに長期的に作用する荷重を想定し,骨組構造解析(はり-ばねモデル)により設計している.これらの検討では,例えばFEMの自重解析で得られる地山の初期応力状態,地山や支保部材の計測結果から想定されるゆるみ荷重等の設定によって,結果が大きく異なることが知られているものの,適切な設計荷重を設定する方法は一般化されていない.本稿では,変状が発生したトンネルにおいて初期応力測定を活用し,設計で用いる荷重条件を適切に設定する方法について考察した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.