シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 双設トンネルの地質情報統合のための三次元モデル化

作成年度 2019年度
論文名 双設トンネルの地質情報統合のための三次元モデル化
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会平成31年度全国大会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
フジタ新井 智之(ARAI Tomoyuki)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Shusaku)
抄録
近年,土木工事ではCIM 等,三次元モデルを用いて設計-施工-維持管理の全ての段階で情報を統一して管理することが望まれている.これらの情報には山岳トンネルの地質情報も含まれる.しかしながら,一般に山岳トンネルでは,路線上の調査しか行われないため,地質情報を三次元的に管理することは難しい.例えば,高速道路における四車線化工事において既設トンネルに近接してトンネルを双設する場合でも,両トンネルの離隔は30m 程度であり,三次元化する領域としては不十分で,あまり有益ではない.今回,供用中に変状が発 生して,近傍に代替の双設トンネルを施工した条件において,地質の三次元化した事例を報告する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.