シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 硬化促進剤と凍害抑制剤を用いた高炉セメントコンクリートの強度とスケーリング抵抗性

作成年度 2019年度
論文名 硬化促進剤と凍害抑制剤を用いた高炉セメントコンクリートの強度とスケーリング抵抗性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2019年度土木学会全国大会第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム吉田 行(YOSHIDA Susumu)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDO Hirotake)
フローリック西 祐宜(NISHI Hironobu)
フローリック猪瀬 亮(INOSE Ryo)
北海道大学大学院工学研究院胡桃澤 清文(KURUMISAWA Kiyofumi)
抄録
セメント製造時のCO2排出量抑制の観点から混合セメントの利用拡大が求められているが,高炉セメントを用いたコンクリートは硬化初期の強度発現が遅く,寒冷期の使用が限定的となっていることに加え,塩化物供給下の凍結融解作用によるスケーリング劣化が大きくその対策が求められている.本研究では,硬化促進剤と凍害抑制剤を用いた高炉セメントコンクリートの強度発現とスケーリング抵抗性について検討を行い,これらの使用により強度発現やスケーリング劣化を改善可能なことが明らかとなった.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.