シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 圃場の大区画化整備に伴う表土の物理性の変化

作成年度 2019年度
論文名 圃場の大区画化整備に伴う表土の物理性の変化
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2019年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/09/04 ~ 2019/09/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム桑原 淳(KUWABARA Jun)
北海道開発局大友 秀文(OOTOMO Hidefumi)
寒地農業基盤研究グループ横濱 充宏(YOKOHAMA Mitsuhiro)
資源保全チーム横川 仁伸(YOKOKAWA Hironobu)
抄録
下層土が泥炭土である5筆の大区画圃場において、施工前後の土壌物理性を調査した。結果、施工時の表土のpFが小さい地点において、施工後の表土の固相率は基準値以上、飽和透水係数は基準値未満となっていた。施工時のpFが2.0~2.5程度まで大きくなると、固相率の変化率が0%程度となった。このことから、表土の物理性の悪化を抑制するためには、表土がpF2.0~2.5程度以上まで乾燥した状態で施工する必要があると考えられた。施工前の表土の地耐力とpFとの関係から、pF2.0~2.5に対応する表土の地耐力は0.5~0.6MPaであった。このため、調査圃場の表土の場合、降雨後に表土の地耐力が0.5~0.6MPa以上に回復してから施工を行えば、表土の物理性の悪化は抑制されると考えられる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.