シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 大区画圃場での初期用水における水稲栽培方式ごとの水管理および用水量

作成年度 2019年度
論文名 大区画圃場での初期用水における水稲栽培方式ごとの水管理および用水量
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2019年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数) 2019年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集
発表年月日 2019/09/04 ~ 2019/09/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水利基盤チーム大津 武士(OTSU Takesi)
水利基盤チーム越山 直子(KOSHIYAMA Naoko)
寒地農業基盤研究グループ長中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
水利基盤チーム川口 清美(KAWAGUCHI Kiyomi)
抄録
大区画化および地下水位制御システムの整備が行われた圃場を対象として、移植栽培、乾田直播栽培、湛水直播栽培の初期用水期間において3年間の水管理および用水量を調査した。調査圃場では、初期用水期間における累加供給水量が最大となったのは移植栽培であった。さらに、初期用水期間における各栽培方式のピーク用水量は同程度であった。移植栽培を想定して計画された用水路の通水容量を超えるような用水量はみられなかった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.