シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 寒冷地におけるRC開水路の表面保護工法による母材コンクリートへの影響

作成年度 2019年度
論文名 寒冷地におけるRC開水路の表面保護工法による母材コンクリートへの影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2019年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数) 2019年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集
発表年月日 2019/09/04 ~ 2019/09/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水利基盤チーム西田 真弓(NISHIDA Mayumi)
水利基盤チーム石神 暁郎(ISHIGAMI Akio)
鳥取大学農学部緒方 英彦(OGATA Hidehiko)
抄録
表面保護工法適用後のモニタリング調査では,その耐久性は外観目視などが主とした調査であり,母材コンクリートの健全性や含水状態が調査されることは少ない。そこで,供用中の水路において,母材コンクリートの含水率調査を実施し,表面保護工法の種別による含水率の違いを確認した。本稿では,含水率調査位置より採取したコアの凍結融解試験を行い,種別による含水率の違いが,以後の耐凍害性に及ぼす影響について検証を行った。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.