シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 TEMPO触媒酸化による泥炭土のセルロースナノファイバー化

作成年度 2019年度
論文名 TEMPO触媒酸化による泥炭土のセルロースナノファイバー化
論文名(和訳) Cellulose nanofibers conbersion of peat soil by TEMPO-catalyzed oxidation
論文副題
発表会 セルロース学会 第26回年次大会
誌名(No./号数) セルロース学会第26回年次大会講演要旨集
発表年月日 2019/07/11 ~ 2019/07/12
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム山本 弘樹(YAMAMOTO Hiroki)
抄録
 工事残土の泥炭土の有効利用のため、TEMPO触媒酸化でセルロースナノファイバー(CNF)を作成した。木材利用に比べ非効率であった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.