シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 ビーム・アーチ機構によるPC梁のせん断耐荷機構に関する一考察

作成年度 2019年度
論文名 ビーム・アーチ機構によるPC梁のせん断耐荷機構に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第28回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/11/07 ~ 2019/11/08
所属研究室/機関名 著者名(英名)
東京工業大学環境・社会理工学院Devin GUNAWAN(Devin GUNAWAN)
東京工業大学環境・社会理工学院大窪 一正(OKUBO Kazumasa)
寒地構造チーム中村 拓郎(NAKAMURA Takuro)
東京工業大学環境・社会理工学院二羽 淳一郎(NIWA Junichiro)
抄録
プレストレスがPC梁のせん断耐荷機構に及ぼす影響を検討するために,プレストレス量とせん断補強鉄筋比をパラメータとしたPC梁の静的載荷試験を行った。得られた知見を以下に示す。(1)せん断補強鉄筋の無いPC梁は,プレストレスにより斜めひび割れ発生後でもビーム機構のせん断抵抗が保持されるため,アーチ機構によるせん断抵抗を発揮できる。ただし,せん断耐荷機構の急な変化や剛性の低下が生じ,不安定なせん断抵抗挙動となった。(2)せん断補強鉄筋を有するPC梁は,斜めひび割れ発生後でも安定なせん断抵抗の挙動を示し,より高いせん断耐力を有するが,プレストレス量を大きくしたとき,アーチ機構のせん断抵抗が最大に発揮される前にビーム機構のせん断抵抗が大きく低下し,破壊に至る場合もあった。(3)プレストレスの効果により,せん断補強鉄筋の無いPC梁ではアーチ機構のせん断抵抗が,せん断補強鉄筋を有するPC梁ではビーム機構とアーチ機構のせん断抵抗が,向上している可能性が示された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.