シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 電気抵抗を用いた舗装層間の水分検知技術に関する基礎的検討

作成年度 2019年度
論文名 電気抵抗を用いた舗装層間の水分検知技術に関する基礎的検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム池田 浩康(IKEDA HIROYASU)
寒地道路保全チーム上野 千草(UENO Chigusha)
寒地道路保全チーム大浦 正樹(OURA Masaki)
抄録
 橋面舗装において、縁石や地覆前面の舗装端部や、ひび割れ部から浸入した雨水や融雪水が舗装体内に広がり、層間剥離やポットホール発生の要因となっている。さらに、積雪寒冷地においては凍結融解作用が加わることにより、このような舗装損傷が加速する場合がある。このため、舗装内への水分の浸入を抑制する適切な補修方法や、止水対策が求められている。ここでは、補修材として用いられるシール材や舗装端部の止水に用いられる目地材の性能を評価する手法の開発を目的として、舗装層間の水分を検知する手法の基礎的検討を行った。  基礎的検討の結果、長時間水浸することにより水分が層間に浸入する状況を電気抵抗値の計測により確認でき、舗装層間の水分を検知する手法として電気抵抗を計測する手法が有用であることが示唆された。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.