シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 除雪機械の重大故障に関する分析

作成年度 2019年度
論文名 除雪機械の重大故障に関する分析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 令和元年度 建設施工と建設機械シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/12/02 ~ 2019/12/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム伊藤 義和(ITO Yoshikazu)
寒地機械技術チーム植野 英睦(UENO Hidechika)
寒地機械技術チーム斉藤 勉(SAITO Tsutomu)
抄録
 積雪寒冷地における冬期の円滑な道路交通の確保は、地域住民の生活にとって必要不可欠であり、確実な道路除雪体制が求められている。  近年、購入・整備費などの予算の制約により、機械の更新が先送りされ老朽化した機械が増加していることから、重大故障の発生に伴う除雪作業停止日数は年々増加しており、道路除雪体制への影響が懸念される。  そのため、限られた予算の中、効果的かつ効率的に除雪機械の維持管理を行い、重大故障に伴う除雪作業停止日数を削減する必要がある。  その維持管理に重要な、除雪機械の劣化に対する定量的評価手法を検討するにあたり、道路管理者所有の除雪機械の故障データを用いてFTA(故障の木解析)を行い、重大故障箇所を抽出した。そして、信頼性データ解析の一つであるワイブル型累積ハザード解析で、故障傾向の分析を行った。  結果、ワイブル分布の形状パラメータの値から故障の種類が判別可能となったほか、信頼度の算出式が得られ、使用継続による信頼度の変化を、信頼度曲線図で可視化できた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.