シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 札内川における礫州へのケショウヤナギ実生の侵入と保全管理に関する検討

作成年度 2019年度
論文名 札内川における礫州へのケショウヤナギ実生の侵入と保全管理に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 河川技術シンポジウム
誌名(No./号数) 河川技術論文集
発表年月日 2019/06/12 ~ 2019/06/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
国土交通省北海道開発局天羽(淳)
寒地河川チーム大石(哲也)
国土交通省北海道開発局米元(光明)
国土交通省北海道開発局村椿(俊幸)
国土交通省北海道開発局 建設部河川計画課山口(里実)
株式会社 ドーコン住友(慶三)
株式会社 北開水工コンサルタント田崎(冬記)
抄録
The purpose of this paper is to deal with studying on the invasion and conservation management of Salix arbutifolia seedling on gravel bed river in the Satsunai River. Firstly, we explored the seedling density by field surveys based on aerial photo over about 23km. Secondly, we conducted the vegetation survey by belt transect method in the same target area. Finally, we analyzed these data using GIS(ArcGIS10.6). As a result, we found willow trees were widely distributed close to waterside in this section. Especially, S. arbutifolia seedlings tended to be growing more in waterside than those of many other willow trees. We conclude that conducting the excavation to maintain double-row bars at the time of flash discharge can contribute to the graded age structure of S. arbutifolia formation because it can reduce the disturbance impact against seedlings growing along the waterside.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.