シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平成30年北海道胆振東部地震における崩壊地特性について

作成年度 2019年度
論文名 平成30年北海道胆振東部地震における崩壊地特性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成31年度砂防学会研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/05/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム村上泰啓(Yasuhiro Murakami)
水環境保全チーム水垣 滋(MIZUGAKI Shigeru)
水環境保全チーム西原 照雅(NISHIHARA Terumasa)
寒地河川チーム井波 友生(INAMI Yu)
研究連携推進監藤浪 武史(FUJINAMI Takeshi)
抄録
平成30年9月6日午前3時7分、北海道胆振地方東部、鵡川町を震源とする震度7の地震が発生1)した。この地震による死者は41名、重軽傷者は749名に達し、家屋の全壊は409棟、半壊・一部破損の家屋は9,725棟に達した2)。本震災で特徴的だったのは、厚真町を中心に膨大な数の表層崩壊が発生したことが挙げられる。ここでは崩壊前の地形データとして、被災前後の航空レーザー計測結果を用い、斜面崩壊の特徴について把握した結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.