シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 江良漁港蓄養施設におけるアサリ垂下養殖試験(第2報:垂下条件の検討)

作成年度 2019年度
論文名 江良漁港蓄養施設におけるアサリ垂下養殖試験(第2報:垂下条件の検討)
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 土木学会論文集B3(海洋開発)第44回海洋開発シンポジウム
発表年月日 2019/07/02 ~ 2019/07/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム丸山 修治(MARUYAMA Shuji)
水産土木チーム梶原 瑠美子(KAJIHARA Rumiko)
水産土木チーム伊藤 敏朗(ITO Toshiaki)
北海道立総合研究機構井上 智(INOUE Satoru)
東海大学大橋 正臣(OHASHI Masami)
北海道大学門谷 茂(MONTANI Shigeru)
抄録
北海道南西部に位置する江良漁港(松前町)の港内蓄養施設において,人工種苗を用いたアサリ垂下養殖試験を行い,殻長の増加量,蓄養施設内の物理環境を把握するとともに,波浪環境下でのアサリや基質の移動に関する室内実験結果から,アサリが反転または移動,基質が移動しはじめる流速の発生頻度を整理し,成長に有利な垂下条件について検討した.その結果,本施設内のような波浪環境下での垂下養殖では,「篭の固定」,「基質の配置」は成長に有利と考えられ,基質材はアサリが流速に影響を受けやすい殻長の小さい時期は「砂利」,流速の影響を受けづらい大きさに成長した時期は「軽石」が成長に有利になる可能性が考えられた.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.