シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 地震時の超過作用を受けた橋梁の損傷制御を目的としたRC橋脚の配筋に関する一提案

作成年度 2019年度
論文名 地震時の超過作用を受けた橋梁の損傷制御を目的としたRC橋脚の配筋に関する一提案
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第22回橋梁等の耐震設計シンポジウム
誌名(No./号数) 第22回橋梁等の耐震設計シンポジウム講演論文集
発表年月日 2019/07/23 ~ 2019/07/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム秋本 光雄(AKIMOTO Mitsuo)
寒地構造チーム佐藤 京(SATO Takashi)
寒地構造チーム寺澤 貴裕(TERASAWA Takahiro)
寒地構造チーム葛西 聡(KASAI Satoshi)
抄録
支承部への損傷制御の実現性を検証するための供試体設計と配筋方法の検討を行った.既往の文献調査からRC橋脚供試体とSRC橋脚供試体の実験結果を整理し,超過作用時に耐力階層化による支承部への損傷制御を行う上で,SRC構造の方が有利であることを確認した.その結果を受けて,橋脚断面内に軸方向鉄筋を配置することで橋脚の最大耐力と降伏耐力の差異を大きくすることが可能となり,支承に損傷を制御する実現性が高まることを確認した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.