シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 積雪寒冷地沿岸コンクリート構造物調査データでの海域別の塩分拡散予測パラメータの比較検討

作成年度 2019年度
論文名 積雪寒冷地沿岸コンクリート構造物調査データでの海域別の塩分拡散予測パラメータの比較検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第44回 海洋開発シンポジウム(2019)
誌名(No./号数) 土木学会論文集(B3)海洋開発特集号
発表年月日 2019/07/02 ~ 2019/07/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム増田 亨(MASUDA Toru)
寒冷沿岸域チーム中嶋 雄一(NAKAJIMA Yuichi)
寒冷沿岸域チーム長谷一矢(HASE Kazuya)
抄録
鉄筋コンクリート構造物の劣化が進むと損壊に直結する恐れがあるため,維持管理の一手段として塩害による劣化予測を適正に行う必要がある.とりわけ,積雪寒冷地沿岸域は過酷な環境下にあり,従来の塩分拡散予測パラメータを用いた手法を評価・検証する事は重要な課題である.本報告は,積雪寒冷地である北海道沿岸において塩害との複合劣化で留意すべき劣化現象として凍害と海氷摩耗を抽出した.また,本報の試みとして,3つの塩分拡散予測パラメータの算定が概ね妥当である事を確認し,本州との違いについて北海道における耐久性を意識した配合指標が関係している可能性があると推察した.更に,実務レベルにおいて,海域によらず従来の手法で算定した塩分拡散予測パラメータを用いて劣化予測してもほぼ問題無いケースがある事を報告した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.