シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 沖合域の人工構造物周辺における漁場環境の解明に向けた現地観測

作成年度 2018年度
論文名 沖合域の人工構造物周辺における漁場環境の解明に向けた現地観測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第62回(平成30年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/02/18 ~ 2019/02/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム須藤 賢哉(SUDO Kenya)
(未記入)稲葉 信晴(INABA Nobuharu)
(未記入)伊藤 敏朗(ITOU Toshiaki)
抄録
北方海域は我が国の漁業生産を支える重要な漁場であるが、近年は水産資源の減少が著しい。資源量増大の対策としては、資源管理の他、漁場整備の沖合展開が考えられる。しかし水深の深い沖合域の漁場環境については不明な点が多い。本研究では、利尻島沖合の魚礁漁場での観測に基づき、人工構造物が餌料生物の生息状況等の漁場環境に与える影響の把握を試みるものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.