シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 断面修復箇所の耐凍害性の向上を目的とした残存劣化部の改善対策に関する検討

作成年度 2019年度
論文名 断面修復箇所の耐凍害性の向上を目的とした残存劣化部の改善対策に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第19回コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム
誌名(No./号数) コンクリート構造物の補修、補強、アップグレード論文報告集 第19巻
発表年月日 2019/10/17 ~ 2019/10/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム内藤 勲(NAITO Isao)
耐寒材料チーム安中 新太郎(YASUNAKA Shintaro)
北海道大学宇野 剛志(UNO Tsuyoshi)
北海道大学横田 弘(YOKOTA Hiroshi)
抄録
凍害環境下における断面修復工法では,断面修復材が早期に剥離する事例が散見される.本研究では,断面修復後のコンクリート構造物の耐凍害性を向上させる目的で,修復前のコンクリート界面に残存する劣化部を種々の含浸系塗布材で改善した断面修復供試体に凍結融解作用を与え,超音波測定,顕微鏡観察、付着試験および劣化状態の目視観察による修復効果の持続性評価を行った.その結果,改善によって凍結融解後も断面修復材との接着力が持続すること,樹脂系塗布材の改善効果は大きく,塗布量によって改善効果が異なることを確認した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.