シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路橋の震災損傷部材の実態調査

作成年度 2019年度
論文名 道路橋の震災損傷部材の実態調査
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会 第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム佐藤 京(SATO Takashi)
寒地基礎技術研究グループ長西 弘明(NISHI Hiroaki)
寒地構造チーム秋本 光雄(AKIMOTO Mitsuo)
抄録
国土強靭化を目指した対応策として,有事でも安全で適切な壊れ方をシナリオとしたリスクコントロールを考慮した設計手法の確立を目指し,既存被害事例より橋梁の損傷と支承または取付部の損傷の発生傾向について分析した.その結果,現在の設計法に準拠した耐震レベルを有する橋梁においては,橋脚に損傷がない場合,支承または取付部に損傷か生ずるケースが半数を超えることが確認できた.調査対象では,現設計手法により支承部に損傷を誘導できる可能性が確認できた.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.