シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 模型実験及び数値解析を用いた落石防護土堤の落石捕捉性能の把握

作成年度 2019年度
論文名 模型実験及び数値解析を用いた落石防護土堤の落石捕捉性能の把握
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会 第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
名古屋工業大学峯 祐貴(MINE Masaki)
名古屋工業大学前田 健一(MAEDA Kenichi)
名古屋工業大学松尾 和茂(MATSUO Kazushige)
名古屋工業大学堀 耕輔(HORI Kosuke)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
抄録
落石対策工の一つである落石防護土堤は,設置スペースさえあれば現地発生土の流用も可能で経済性,施工性,維持管理性能に優れた落石対策工法と言える.しかし,現行では変形・破壊モードを考慮した性能評価がなされていない.そこで,本研究では落石防護土堤の落石防護性能の把握のため,高さ0.5mの土堤模型を対象とした挙動確認実験と2次元個別要素法を用いた再現解析を実施した.実験と解析で得られた結果を比較したところ,落石防護土堤の変状の大きさや落体捕捉性能には,土堤内部の側面抵抗が影響していることが判明した.そのため,土堤の落体捕捉性能を評価するためには,土堤内部の側面抵抗についても考慮する必要がある.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.