シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 従来型落石防護柵の耐衝撃挙動に及ぼす落石質量の影響

作成年度 2019年度
論文名 従来型落石防護柵の耐衝撃挙動に及ぼす落石質量の影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会 第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学大学院服部 桃加(HATTORI Momoka)
室蘭工業大学大学院小室 雅人(KOMURO Masato)
寒地構造チーム中村 拓郎(NAKAMURA Takuro)
寒地基礎技術研究グループ長西 弘明(NISHI Hiroaki)
抄録
本論文では、従来型の落石防護柵の耐衝撃挙動や保有性能を適切に評価するために、三次元弾塑性応答解析を実施した。ここでは、衝突エネルギーを同一とした上で、落石質量(寸法)と衝突速度を変化させたパラメトリック解析を実施し、それらが防護柵の耐衝撃挙動に与える影響について検討を行った。その結果、1)一定衝突エネルギー条件下では、落石径が小さく衝突速度が大きいほど防護柵の変形は小さくなる。一方、ロープに生じる張力は大きくなる傾向にあること、2)落石径が大きいほど、中間支柱の変形が大きくなるとともに、基部ではねじり変形が生じる傾向にあること、が明らかになった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.