シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道内のコンクリート床版における層状ひび割れ発生状況

作成年度 2019年度
論文名 北海道内のコンクリート床版における層状ひび割れ発生状況
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会 第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム秋本 光雄(AKIMOTO Mitsuo)
釧路開発建設部道路計画課角間 恒(KAKUMA Ko)
寒地基礎技術研究グループ長西 弘明(NISHI Hiroaki)
抄録
近年、北海道や本州の山間部といった寒冷地を中心に道路橋のコンクリート床版に土砂化や層状ひび割れが発生する事例が報告されている。層状ひび割れは凍害やアルカリシリカ反応に起因するとされているが、発生メカニズムや発生傾向、コンクリート床版の性能に与える影響は明確ではない。本報告では、既存調査資料を基に北海道におけるコンクリート床版の層状ひび割れ発生状況を整理した結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.