シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道のコンクリート橋梁における判定区分を用いた劣化予測

作成年度 2019年度
論文名 北海道のコンクリート橋梁における判定区分を用いた劣化予測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会全国大会 第74回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第74回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
岩田地崎建設河村 巧(KAWAMURA Takumi)
東北工業大学須藤 敦史(SUTOH Atsushi)
寒地構造チーム佐藤 京(SATO Takashi)
関西大学兼清 泰明(KANEKIYO Hiroaki)
関西大学檀 寛成(DAN Hiroshige)
東京都市大学丸山 収(MARUYAMA Osamu)
抄録
北海道のインフラストラクチャーは、厳しい自然環境の中で長期間の耐用年数を必要とし、昨今の社会・経済状況等により予防保全に基づいた長寿命化を早急に図らなければならない。現在まで北海道が建設・管理するコンクリート橋梁を対象として確率・統計的な劣化予測モデルの提案および検証を行ってきている。本研究では、北海道が有するコンクリート橋梁の定期点検データを用いた劣化モデル(重付き健全度指数)より、全体的な劣化と分布特性の把握と予測を行った。コンクリート橋梁の劣化状況の把握とともに劣化分布の予測が可能となる結果が得られた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.