シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 凍害劣化の進行に伴うRCスラブの破壊形式の変化と耐力の低下

作成年度 2019年度
論文名 凍害劣化の進行に伴うRCスラブの破壊形式の変化と耐力の低下
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 第19回コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム / コンクリート構造物の補修、補強、アップグレード論文報告集 第19巻
発表年月日 2019/10/17 ~ 2019/10/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム林田 宏(HAYASHIDA Hiroshi)
抄録
凍害を受ける床版に関して,劣化の進行と耐力低下との関係を明らかにするため,劣化深さをパラメータとしたスラブ供試体を製作し,静的載荷試験を行った.実験の結果,劣化深さがスラブ厚の1/4の供試体では,耐力は低下しなかったが,劣化深さがスラブ厚の1/2の供試体では,破壊形式が変化し,耐力が大きく低下した.破壊形式の変化は,凍結融解作用により水平ひび割れが発生していたこと,劣化による引張強度の低下に伴ってウェブに相当する部分に斜め引張ひび割れが発生したことが要因として考えられた.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.