シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平成30年北海道胆振東部地震における切土・盛土のり面の被害について

作成年度 2019年度
論文名 平成30年北海道胆振東部地震における切土・盛土のり面の被害について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 令和元年度日本応用地質学会研究発表会
誌名(No./号数) 令和元年度日本応用地質学会研究発表会論文集
発表年月日 2019/10/24 ~ 2019/10/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム倉橋 稔幸(Toshiyuki Kurahashi)
抄録
平成30年北海道胆振東部地震で震度6弱以上の強い揺れが観測された,厚真町・安平町・むかわ町・平取町・日高町等では,道路や宅地等の多くの切土・盛土のり面が被災した.そこで,本報告では,これらの地域で18箇所の切土・盛土のり面の被害状況を現地調査し,のり面被害の発生形態を分類した.その結果,崩落・表層崩壊・すべり・沈下の運動形態とすべり面の位置から切土・盛土のり面被害の発生形態を併せて8つのタイプに分類した.今後はすべり面となる可能性のあるEn-a,Spfa-1の火山灰層の分布域でも切土・盛土のり面の調査を行う必要がある.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.