シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 三角波形成時の河床・水面形状と内部流況の計測

作成年度 2019年度
論文名 三角波形成時の河床・水面形状と内部流況の計測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回水工学講演会
誌名(No./号数) 土木学会論文集B1(水工学)
発表年月日 2019/11/04 ~ 2019/11/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム井上 卓也(INOUE Takuya)
寒地河川チーム岩崎 理樹(Toshiki Iwasaki)
寒地河川チーム矢部 浩規(YABE Hiroki)
抄録
射流下の流路では,反砂堆の上の水面が河床と同位相となるため,三角波と呼ばれる大きな水面波が形成される.三角波の形成は,内部流速を局所的に変化させ,ブロックの不安定化に寄与することが指摘されている.本研究は,ブロックの設計法に関する基礎データを取得することを目的に,三次元的な反砂堆の河床形状,その上の水面形状と空間的な流速場の計測を実施した.実験の結果,三次元反砂堆の河床形状は下流側に弧を描く三日月型の形状をしており,この河床地形に起因する斜めに交差する流れが,クレストの頂部付近で,水面を押し上げ,三角波を発生させていることを確認した.また,局所流速は平均流速に比べ最大20%増大し,この影響を加味することでブロックの安定性を概ね評価できることを確認した
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.