シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 実河川スケールでの蛇行発達に関する数値計算

作成年度 2019年度
論文名 実河川スケールでの蛇行発達に関する数値計算
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回水工学講演会
誌名(No./号数) 土木学会論文集B1(水工学)
発表年月日 2019/11/04 ~ 2019/11/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
株式会社ドーコン舛屋 繁和(MASUYA Shigekazu)
寒地河川チーム井上 卓也(INOUE Takuya)
北海道大学岩崎 理樹(IWASAKI Toshiki)
抄録
近年,地球温暖化に起因するとされる集中豪雨の増加に伴い,様々な河川災害も増加している.河岸侵食による堤防侵食被害もそのような河川災害のひとつであり,この被害を防ぐためには,河岸侵食量を定量的に把握する必要がある. 本研究では,河岸侵食と密接な関係がある蛇行現象について,数値計算モデルを用いて定常流下における数値計算を行い,数値計算モデルが現地スケール河川の平面形状などを良好に表現すること,蛇行振幅量と流量の間に強い相関があることを示した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.