シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 基盤岩上に形成された滝の維持と消滅のメカニズム

作成年度 2019年度
論文名 基盤岩上に形成された滝の維持と消滅のメカニズム
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回水工学講演会
誌名(No./号数) 土木学会論文集B1(水工学)
発表年月日 2019/11/04 ~ 2019/11/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学泉 典洋(IZUMI Norihiro)
寒地河川チーム井上 卓也(INOUE Takuya)
北海道大学武田 魁智(TAKEDA Kaichi)
抄録
河床に基盤岩の露出した河川では,大小様々な滝が見られる.滝は上流方向にゆっくりと移動することが知られているが,その移動や発達のプロセスは未だ詳しくわかっていない.本研究は,滝の移動や発達のプロセスを明らかにするために,基盤岩のモデルとしてモルタルを用いた移動床実験を行なったものである.実験の結果,上流側の侵食速度と比較して下流側の侵食速度が小さい場合,滝は消滅してしまうことが明らかとなった.上・下流の侵食速度がバランスしている場合は,滝は維持され,下流側の侵食速度が上流側に卓越するような場合は,滝はその高低差を発達させる.滝が維持されるかあるいは発達する場合,上流側に複数の滝が発達することで滝は上流へ移動することがわかった.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.