シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道の道路環境特性とこれに適合する色彩について ~「北海道の色彩ポイントブック」の概要とその要点~

作成年度 2019年度
論文名 北海道の道路環境特性とこれに適合する色彩について ~「北海道の色彩ポイントブック」の概要とその要点~
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2020ふゆトピア・フェアinとまこまい
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/01/23 ~ 2020/01/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地域景観チーム笠間 聡(KASAMA Satoshi)
地域景観チーム松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
抄録
北海道の道路は、「広大で開放的な景観」「冬期の雪景色」などの点で、本州以南の地域と比較して特異であり、これらを考慮すると、旧来から用いられているダークブラウンなどの茶系の有彩色は北海道の環境・景観に融和しにくい。 代替となる候補色としては、ダークグレー・亜鉛めっき仕上げ・緑系のグレーといった色彩が考えられる。 寒地土木研究所で実施した被験者テストの結果からは、夏・冬ともにダークグレーや緑系のグレー(中でもGY系のグレー)の評価が高かった。緑系のグレーは、道内においても多数の採用例があり、良好な例もある。 寒地土木研究所では、これらの知見を「北海道の色彩ポイントブック」として取りまとめ、提供をはじめた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.